アーカイブ | RSS |
  

≫トップ記事
INCF 日本ノード事務局終了のお知らせ

»ニュースハイライト

脳科学データベース関連技術開発のための共同研究提案募集
INCF Neuroinformatics 2019

続きを読む | 残り88字
 投稿日時: 2019-03-25 11:15:50 (727 ヒット)

脳科学に関する大規模データベースの構築とこれを利用した脳科学研究は、その重要性が指摘されながら実際にはかなり未発達な分野であり、関わる研究者も多くありません。そこで理化学研究所脳神経科学研究センターはこの分野の研究を推進するとともに研究開発に関わる研究者の育成を目指し、脳科学分野でのデータベース関連技術を幅広い分野の研究者と共同で開発するための新たな共同研究制度を設置しました。2019年度は1件当たり最大250万円、8件の共同研究を支援します。関心のある方は下記サイトにある募集要領をご覧ください。多くの応募を期待します。応募の〆切は2019年5月6日です。

問い合わせ先

cbs_db_appli[at]ml.riken.jp    *[at]は@に置き換えてください。

理化学研究所脳神経科学研究センター・センター長室・脳科学データベース関連技術開発共同研究募集担当

 投稿日時: 2019-03-12 23:29:15 (321 ヒット)

INCF日本ノードの事務局は2005年に理研BSI神経情報基盤センターとして設置され 2018年4月より理研CBS神経情報基盤開発ユニットに引き継がれ、国内外の多くの皆様の ご協力を得て、運営して参りました。CBSにおけるニューロインフォマティクスの新たな 方向性を探る中で、神経情報基盤開発ユニットは日本ノード事務局の任を本年度末、2019 年3月末日 にて終了することとなりました。

日本ノードプラットフォーム(PF)につきましては、理研が参加する共同研究としての開発運用を本年度で終了致します。つきましては、各プラットフォームと関連サイトのコンテンツの継続公開を基本方針として移行することとしました。一部は、事務局管理サーバーより移設して新たな機関にて継続開発運営をしていただきます。文末にサイト毎の運用予定をテーブルとしてお示しします。引き続き、ご活用いただきますようお願い致します。 また、事務局よりイベント等のお知らせをお送りしましたメイリングリストも 本年度末にて配信を終了致します。

皆様よりの長年の多大なご支援、深く感謝申し上げます。今後ともニューロインフォマティクスのさらなる発展を祈念致します。

2019年3月

理化学研究所脳神経科学研究センター内 日本ノード事務局一同

続きを読む | 残り1133字
 投稿日時: 2019-03-01 11:04:26 (781 ヒット)

第6回INCF日本ノードワークショップ Advances in Neuroinformatics (AINI) 2018が12月21-22日に理研大河内ホールにて開催されました。17件の講演、20件のポスター発表、チュートリアルセッション3件があり、参加者は事前予約者に当日参加者を加えて5ヶ国89名となりました。 オープンニューロサイエンスにむけた神経情報技術基盤と最新技術の展開 という大きなテーマに向かって、異なる分野、異なる世代、立場から経験談や考え方が出され議論が交わされました。これらが今後皆様のニューロインフォマティクス分野での挑戦に活かされることを期待致します。

続きを読む | 残り249字
 投稿日時: 2018-12-27 14:13:41 (480 ヒット)

10月にモントリオールで開催された、FORCE11の年次会合(FORCE2018) の様子がバイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)のレポートブログとして公開されました。

 ■FORCE2018参加報告 ~オープンサイエンスの未来を考える会合に参加して~ 大波 純一 (Jun-ichi Onami, Ph.D.)
 
NBDCのホームページよりご参照下さい。 Link
 投稿日時: 2018-12-26 18:06:50 (506 ヒット)

(1) 2 3 4 ... 56 »
Copyright © 2018