TOP           COMMITTEE           PROGRAM           CFP & REGISTRATION           SOCIAL EVENT           MESSAGE    

 

 

4th AINI 2016 and 14th INCF Nodes Workshop, RIKEN Wako, May 28, 2016

この度、INCF 日本ノードが開催する国際ワークショップAdvances in Neuroinformatics (AINI) 2016とINCF本部の開催するINCF Nodes Workshop を、理研にて合同開催することとなりました。

AINI 2016 はニューロインフォマティクスに関する最先端の招待講演や公募発表を通して、国内外の研究者の情報交換・交流を促進し、神経科学の学際的発展に供することを目的としています。今回のワークショップでは”Integration of Multidimensional Neuroscience"をテーマとして、オントロジー・解析・ツール・計算論モデル、人工知能など広い方法論からデータサイエンスへの展開を探ります。本年は、昨年に続いて第4回の開催となります。

INCF Nodes Workshopはカロリンスカ研究所に本部事務局を持つINCFが、参加メンバーのNational Nodes(現在18カ国)と協力して開催するもので、Nodes間の情報交換とさらなる共同研究開発への展開を目的とするものです。今回の第14回の開催は、INCFが第3期(2016-2020)に入ってから最初の開催となります。INCFがこれまで開発して来たデータ共有のための世界標準化へのプログラムや、National Nodeの各国の活動状況についての講演やデモがあります。特に、今回は日本での開催を機会にアジア・オーストラリア地域でのニューロインフォマティクス活動について焦点をあてたセッションを開催します。

本合同大会では、ポスターとデモンストレーションを公募します。神経科学の諸分野でデータサイエンスの重要性が広く認識されつつある現在、国際的な標準化や連携、さらには臨床や工学的展開に向けて関心のある多くの皆様のご発表・ご参加をお待ちしております。

日程

会場

主催

 

協賛

参加申込受付

演題申込受付

 

2016年5月28日(土)-29日(日)

鈴木梅太郎記念ホール 埼玉県和光市広沢2-1 理化学研究所内 アクセス

理化学研究所 脳科学総合研究センター  

ニューロインフォマティクス国際統合機構(INCF本部)

人工知能学会  日本神経回路学会  日本神経科学学会

2016年5月20日 ※受付を終了ました。

2016年4月4日 4月18日に延長 ※募集を締め切りました。

※This Workshop is a part of the RIKEN Symposium Series. 

 

INCF本部・日本ノード合同ワークショップ事務局
理化学研究所 脳科学総合研究センター 神経情報基盤センター内


 発表者の方へ

発表者の方は、下記の通りご準備をお願い致します。

Keynote lecture:  30 mins including 5 min Q&A
Invited oral presentation: 20 mins including 5 min Q&A
Poster presentation:Poster Size: A0 (841mm W, 1,189mm H)
Demonstration:Poster size A0 (841mm W, 1,189mm H)
Poster board, One desk (1,800mm and 600mm) and One outlet are prepared in each booth.

Abstracts・Workshop Poster

アブストラクトを電子冊子 Advances in Neuroinformatics IVとして発行しましたので
ご利用ください。
    "Advances in Neuroinformatics IV

   


 

 

 

 

    Program At a Glance     

      

   

 

     Poster [PDF]

(Japanese) (English)

 

プログラム(基調講演)     

 

 

 

 

 

 


The interface between data and knowledge:  Multi-scale data integration in neuroscience

Maryann E. MARTONE

Professor IR
Department of Neurosciences University of California

San Diego

 

 

 

 

 

 

 


 

Benefits of comprehensive data management for efficient data access, reproducibility, and data sharing

Thomas WACHTLER

Director, INCF German Node
Group Leader, Biology Department II, Neurobiology
Ludwig-Maximilians-Universität München

 

 

 

 

 

 

 


 

Potential Contribution of AI to Neuro-informatics

辻井  潤一

 

産業技術総合研究所
人工知能研究センター センター長

 

 


 

 

 

 

 

 


 

Databasing brain gene expression information

古市 貞一 

 

東京理科大学 理工学部 教授 BrainTxプラットフォーム委員長

AINI 2016 ワークショップチェア

 

Reference

 

プリンタ用画面

Copyright © 2018